CASE

Case05
平成30年度金山急傾斜地崩壊対策工事(擁壁工)

場所:伊豆市金山

施工前 Before

ICT掘削状況

施工後 After

ICT土工重機内モニター

ICT掘削後

担当者より

ジオサーフを使ってICT施工を行いましたが、GPSが受信できなかったり、起工測量中に測量の機械が壊れたりと、慣れない機械やソフトに苦戦した記憶があります。ですがLeicaとジオサーフを使って作業を行い、掘削作業中は何事もなく作業が終了しました。

(渡邊祐梨英)